おはようございます!
今日の愛知県瀬戸市は、晴れの朝となっています。

これまでの課税実務の取扱を覆す判決が確定

先日「弁護士の懇親会費などが必要経費に該当するか」が争われた、注目の裁判が決着しました。
裁判の争点は、弁護士が、弁護士会などの役員として活動に伴い支出した 懇親会費など(高額・二次会費用など除く)が 必要経費に該当するかどうか、というもの。

平成24年9月19日、東京高裁では「必要経費に該当する」との判決が出されました。
それは、これまでの 「弁護士会役員の会務活動費用の取扱いについて、必要経費には該当しない」 とする課税実務の取扱を覆すものです。

これを不服とした国側は最高裁判所に上告していました。
国側は「上告受理申立て理由書」の中で、

会務活動費用が必要経費に該当する旨判示した控訴審の解釈は、 本件だけでなく弁護士会はもとより、医師会、司法書士会、弁理士会などの 他の士業会の会務活動に付随する支出に係わる課税実務全般にも多大な影響を与える

と指摘。

しかし、最高裁は今年(平成26年)1月17日、国側の上告受理申し立てを受理しないことを決定。 これにより、東京高裁での控訴審判決が確定しました。

様々な士業会の会務活動の支出への課税への影響は必至?

そこで今後注目が集まるのは、 今回の判決内容が課税実務に及ぼす影響です。
先述の国側による「上告受理申立て理由書」にあるように 今回の判決の影響は、この裁判の一件だけでなく、 弁護士会、医師会、司法書士会、弁理士会など、様々な士業会の会務活動 の支出への課税に影響があると言われています。

これまでも 納税者勝訴の判決確定のたびに従来の課税実務が変更されているので、 今回の判決確定を受けた国税庁の対応が注目されています。

「早稲田公認会計士・税理士事務所」は、愛知県瀬戸市で会計監査及び税務を行っている事務所です。気軽にお立ち寄り頂けるアットホームな雰囲気と地域密着が自慢です。詳しくは「早稲田公認会計士・税理士事務所」ホームページをご覧ください。
 ←ブログランキング参加中!! 宜しければクリックお願いします。