おはようございます!
今日の愛知県瀬戸市は、晴れの朝となっています。

先程成立した平成27年度の税制改正のうち、個人関連の主な税制改正で春から適用されるものをまとめました。

ふるさと納税の拡充が行われます

・27年中に行うふるさと納税から、住民税の控除限度額の上限を住民税所得割額の2割に引き上げます(28年度分以後の個人住民税について適用されるます)。
・寄附先の団体に申請書を提出する事により、給与所得者などの確定申告の必要がない人がふるさと納税を行う場合は、確定申告せずに控除が受けられるようになります。
適用は27年4月以降に行うふるさと納税からです。ただし、寄附先が5団体以内の場合に限ります。

結婚・子育て資金に係る贈与税の非課税措置

・贈与者、つまり両親や祖父母が、受贈者、つまり20歳以上50歳未満の子・孫の結婚・出産・育児に必要な資金を一括贈与にすると、子・孫ごとに1,000万円まで非課税となります。結婚関係の費用は300万円までとなります。27年4月~31年3月までに行われる贈与に適用されます。贈与された資金は、受贈者名義の専用口座で金融機関で管理します(受贈者が50歳に達した場合などに契約終了)。

住宅取得等資金に係る贈与税の非課税措置

・適用期限が31年6月まで延長となり、27年中に契約を締結した住宅用家屋の非課税枠は、良質な住宅で1,500万円、一般住宅で1,000万円となります。
なお、28年以降は、消費税率10%への引上げの影響を考慮した非課税枠が設定されます(28年10月~29年9月の場合などは最大3,000万円となります)。

【ご案内】会社の業績を伸ばすために、経営者様が取り組むべき「本当の仕事」とは?
↓↓↓↓↓
経理業務はすべて「早稲田公認会計士・税理士事務所」にお任せください!!

「早稲田公認会計士・税理士事務所」は、愛知県瀬戸市で会計監査及び税務を行っている事務所です。気軽にお立ち寄り頂けるアットホームな雰囲気と地域密着が自慢です。詳しくは「早稲田公認会計士・税理士事務所」ホームページをご覧ください。
 ←ブログランキング参加中!! 宜しければクリックお願いします。