おはようございます!
今日の愛知県瀬戸市は、晴れの朝となっています。

住宅ローンを利用してマイホームを買ったら…

住宅ローンを利用してマイホームの取得等をした場合、 一定期間、所得税額から年末のローン残高に応じた額を控除できる 「住宅ローン控除」という制度があります。

初めての「住宅ローン控除」適用

初めて「住宅ローン控除」の適用を受ける時には、 税務署に確定申告書に必要書類を添付の上提出します。

給与所得者(つまりサラリーマンの方)の場合では、確定申告をした年の翌年以降は、控除の適用を年末調整で受ける事ができます。
また、金融期間等からの「年末残高等証明書」が年末調整までに提出できなかった場合は、 確定申告によって住宅借入金等特別控除を受けることができます。

「繰上返済」と「住宅ローン控除」

金利の低い住宅ローンに借り換えた場合でも、借り換えたローンが10年以上の返済期間であるなど、 「住宅ローン控除」の要件を満たしていれば、継続して「住宅ローン控除」を適用できます。
繰り上げ返済後の返済期間の起算日は、当初借入日となり、 「既に返済が終了した期間」と「繰り上げ返済後の最終返済日までの期間」の合計で判断します。
しかし、返済額は変えずに返済期間を短くする「期間短縮型」の繰り上げ返済を行ったことによって返済期間が10年未満となった場合は、 住宅ローンの控除が受けられなくなりますので注意が必要です。

住宅取得等資金の贈与の特例を適用した場合は?

親から住宅取得資金の贈与を受けて、住宅取得等資金の贈与の特例を適用する事ができます。
この場合の「住宅ローン控除」の金額は、「住宅の取得額」から「特例を受けた部分の金額」を差し引いて計算します。

「早稲田公認会計士・税理士事務所」は、愛知県瀬戸市で会計監査及び税務を行っている事務所です。気軽にお立ち寄り頂けるアットホームな雰囲気と地域密着が自慢です。詳しくは「早稲田公認会計士・税理士事務所」ホームページをご覧ください。
 ←ブログランキング参加中!! 宜しければクリックお願いします。