おはようございます!
今日の愛知県瀬戸市は、晴れの朝となっています。

平成26年度から接待飲食費の50%損金算入措置が導入されました

今回は交際費等と寄付金の損金不算入について。

平成26年度から接待飲食費の50%損金算入措置 が導入されました。
交際費等と寄付金の見分け方については、それぞれの実態に応じて判断されます。
金銭贈与の場合、原則として寄付金として取り扱われています。

【交際費等の場合】
資本金1億円超の法人では
接待飲食費の50%相当額を超過した部分が、全額損金不算入

【寄付金の場合】
一般寄付金の損金算入限度額を超過した部分が、損金不算入

※社会事業団体、政治団体に対する拠金や、神社の祭礼等の寄贈金などは「交際費等」には該当しません。

これまでは寄付金として処理する法人が多かった「政治家のパーティー券」を購入した場合の費用については、一定の要件を満たせば接待飲食費となります。

「早稲田公認会計士・税理士事務所」は、愛知県瀬戸市で会計監査及び税務を行っている事務所です。気軽にお立ち寄り頂けるアットホームな雰囲気と地域密着が自慢です。詳しくは「早稲田公認会計士・税理士事務所」ホームページをご覧ください。
 ←ブログランキング参加中!! 宜しければクリックお願いします。