おはようございます!
今日の愛知県瀬戸市は、晴れの朝となっています。

来年から相続税の基礎控除額が引き下げとなります。

現行の相続税の基礎控除額は
「5,000万円+1,000万円×法定相続人数」 で算出されますが、
来年からはこれが引き下げられ、
「3,000万円+600万円×法定相続人数」 となります。

例えば法定相続人が配偶者と子ども2人の3人の場合、
控除額は現行の8,000万円から4,800万円に引き下げとなります。

なお、亡くなった方、つまり被相続人の居住用宅地を相続する場合、「小規模宅地等の特例」を適用できれば、240㎡(平成27年からは330㎡に拡大されます)まで評価額が80%減額されます。 原則、この特例を適用できるのは配偶者や被相続人と同居していた親族となります。 ※一定の場合、別居親族も適用可能です。

相続などで取得した土地等の評価方法は?

相続などで取得した土地等の評価方法には、
「路線価方式」 「倍率方式」 の2種類があります。

「路線価方式」 とは、土地の形状等に応じた各種補正率で補正した後の面積に路線価を乗じて算出するもので、
「倍率方式」 とは、固定資産税評価額に一定の倍率を乗じて算出します。(路線価が定められていない土地の評価方法です)

「路線価」とは路線、すなわち道路に面した標準的な宅地の1㎡あたりの価額のことで、 相続税や贈与税の土地評価額を算定する際の基準となります。

「早稲田公認会計士・税理士事務所」は、愛知県瀬戸市で会計監査及び税務を行っている事務所です。気軽にお立ち寄り頂けるアットホームな雰囲気と地域密着が自慢です。詳しくは「早稲田公認会計士・税理士事務所」ホームページをご覧ください。
 ←ブログランキング参加中!! 宜しければクリックお願いします。