おはようございます!
今日の愛知県瀬戸市は、晴れの朝となっています。

「税務調査」を、いたずらに怖がる必要はありません

今回は経営者の方にはちょっと不安な「税務調査」について。

税務調査は法人のうちの6%程度が受けるもので、調査を受けた会社の約7割が誤りを指摘されています。しかし、悪質な脱税など、やましい事をしていなければ、いたずらに怖がる必要はありません。

税務調査は突然やって来ますが、原則として、電話により事前通知があります。
事前通知なしに本当に突然来る事もありますが、その場合は断る事も可能です。

税務調査の入る頻度は会社によって大きく異なり、10年間来ないという場合もあります。

即答はせず、顧問税理士に相談を。

税務調査の事前通知が来た場合は、
・調査官の名前
・税務調査の日時
・税務調査の目的
・担当の部門
などを聞いておき、即答はせず、まずは顧問税理士と打合せをしましょう。
日時等についても、正当な理由があれば変更する事ができます。

先日(7月10日)、国税職員、つまり税務署員の定期人事異動がありました。
新体制のもとで新事務年度がスタートし、税務調査も開始します。
税務調査がいつ入っても慌てずに対応できるように、 日頃から帳簿や領収書、契約書などの証拠となる書類を整理しておくようにしましょう。

「早稲田公認会計士・税理士事務所」は、愛知県瀬戸市で会計監査及び税務を行っている事務所です。気軽にお立ち寄り頂けるアットホームな雰囲気と地域密着が自慢です。詳しくは「早稲田公認会計士・税理士事務所」ホームページをご覧ください。
 ←ブログランキング参加中!! 宜しければクリックお願いします。